副業公務員のマネーライフ

本サイトでは公務員にとってお得な情報、主に副業として合法的にできる株式投資・不動産投資等や節約術についてに書いています。

    ダウンロード (4)

    久しぶりにポイントサイトが会員獲得に向けて、大盤振る舞いのバラマキ作戦を実施中です。

    今回は東証1部上場企業のGMOグループが展開するポイントタウンが、新規登録するだけで、全員にもれなく20,000ポイントをバラまいているというのだから驚きです。

    怪しげなポイントサイトであれば、このようにバラまきをするところですが、東証1部のGMOグループというところが、今回のキャンペーンへの本気度が感じられますね。

    ということで、今回はポイントタウンの本キャンペーンについて紹介させていただきます。


    ちなみにポイントサイトって何よ?という人は、以下の記事をご覧ください。下記の記事ではハピタスをおすすめしていますが、今は本当にポイントタウンがおすすめです。

    続きを読む

      jitiromark


      自治労共済は、日本最大の公務員の労働組合が運営する共済であり、割安な掛け捨て保険以上に、目玉商品とされているのが、今回のテーマである貯蓄性に優れて、高い返戻率を誇る長期共済です。

      返戻率は、驚きの123%であり、これは高い水準の返戻率ですよね。


      ちなみに、私は現役の公務員であり、同時に自治労の組合員なのですが、タイトルの通り、貯蓄のために自治労共済はおすすめはできません。なぜ、おすすめできないのか?確かに、自治労共済のほかの貯蓄性の保険と比較すれば有利かもしれません。

      返戻率は123%を超えており、他の貯蓄性保険と比較すれば、確かにお得ですよね。でも、返戻率120%なんて、年利換算にすれば、1%ちょっとです。

      未だに自治労共済で貯蓄をしている。老後に備えている人も一定数いると思いますので、そんな公務員の方々の目を覚ますために、この記事を書きました。
      続きを読む

        11044003120


        平成29年の10月制度が開始された「積立NISA」ですが、ここ最近、「NISA」ではなく「積立NISA」に変更しようかどうか考えていました。

        私自身、NISAを通じて投資を行っているのですが、最近は短期投資ではなく、確定拠出年金のような積立投資のように長期投資を中心に行っていることもあり、NISAについても積立NISAへの変更を検討していました。

        が、やはり、公務員という立場も考慮して、これまで通りNISAのままでいこうと考えました。その理由について、他の公務員の方も参考になると考えましたので、説明したいと思います。


        続きを読む

          dot

          ドットマネーギフトコードが、ANAマイルに交換できることから、定価の1.6倍もの高値でヤフオクで取引されているということ、同ギフトコードを高値で販売する方法を、以前の記事で紹介しました。

          関連記事


          しかし、今回はもう少し本質的なところで、なぜ、ドットマネーギフトコードの末端価格が1.6倍まで高値になるのか?1.6倍という、どうして中途半端な倍率なのだろうか、ということについて、説明します。

          続きを読む


            ダウンロード (7)


            公務員には、最大で月27,000円の住居手当が存在しており、基本的には借家が対象となっていることから、マイホームや自宅の居住している場合は、手当は支給されませんが、一部自治体には、自宅に対して手当が支給されていることが、明らかになりました。

            ちなみに、国は平成21年に自宅に係る住居手当(通称「持ち家手当」)を廃止しており、それを受けて、全国的にも自宅に係る住居手当は廃止されており、「平成28年地方公務員給与実態調査結果」によりますと、1,788ある地方自治体のうち、1,528団体では廃止されています。

            参考サイト
            総務省|地方公共団体の行政改革等|地方公務員の給与水準 


            しかし、260団体はいまだに持ち家手当が存在していることが、判明しました。そこで、今回は持ち家手当が存在している地方自治体を一覧としてまとめましたので、ご紹介したいと思います。


            続きを読む

              150907_thank-honorific5

              公務員は給与面こそ、薄給で魅力は薄いのですが、福利厚生は民間に比べてお得なことは、現役公務員として認めるところです。

              特に公務員がみんな加入している共済組合は、公務員だけが利用できる最強にお得な貯蓄商品である共済貯金をはじめ、各種複利厚生事業を展開しています。

              そんな共済組合が実施する事業の一つが、今回紹介する「共済貸付」制度です。

              共済貯金は、47都道府県ごとに利率が異なるのですが、本日紹介する共済貸付は全国一律の貸出利率という特徴があり、それで超低金利ということが驚きです。

              そんなお得過ぎる共済貸付ですが、公務員でも知らない人も多いことから説明したいと思います。
              続きを読む

                  volunteer2


                  ときどき、公務員がこっそりバイトをしていることが発覚して、懲戒処分を食らっています。

                  パチンコ屋の深夜清掃や新聞配達をしていれば、人目に触れないからセーフ!・・・ではありませんよ!!絶対、公務員がアルバイトするのはNGです。間違いなくアウトですよ。

                  合法的にできる副業もあるというにも拘らず、貴重な時間を切り売りして、ハイリスクローリターンのバイトをするのは、愚の骨頂としかいいようがありません。

                  労働力を提供して収入を得るならば、アルバイトよりも、社会貢献をしながら収入を得る方が断然良いのではないでしょうか。

                  ということで、一部の自治体では認められつつある有償ボランティア・NPOでの活動を通じた、公務員の兼業について述べたいと思います。


                  目次 続きを読む


                    images


                    このブログではポイントサイトを節約&お小遣い稼ぎの方法として推奨しているところです。

                    とはいえ、ポイントサイトは数多あって、還元率や稼ぎやすさ等、違いは若干あるものの、明確な違いというものはほぼありません。

                    その中でも、ポイント還元率という面では、比較的お得であるハピタスをこのブログでは紹介させていただいております。

                    とはいえ、ポイントサイト選びの基準として、還元率だけではなく、安定性も重視する必要があるのではないか、と思うようになりました。

                    個人情報を漏らさずに、しっかりポイントを還元してくれるという当たり前の安定性で考えると、やはり上場企業が運営している方が安心ですよね。

                    ということで、今回は上場企業が運営しているポイントサイトを紹介したいと思います。

                    続きを読む

                      [画像:0c933890-s.jpg]


                      公務員ほどリスクの取りやすい身分はありませんが、リスク「ゼロ」を目指しがちです。

                      しかし、身分だけでなくマインドまで「公務員化」してしまっていませんか。

                      前例主義、右にならえ、事なかれ修行、これは公務員に限らす、大きい企業ほどなりがちです。

                      このブログを読んでくれているということは、現状に満足していないということですよね。

                      もう一歩だけ、豊かになるために必要なマインドは、「勇気」と「我慢」ではないでしょうか。

                      ということで、体験談も交えながら書きたいと思います。続きを読む

                      ↑このページのトップヘ