副業公務員のマネーライフ

本サイトでは公務員にとってお得な情報、主に副業として合法的にできる株式投資・不動産投資等や節約術についてに書いています。

    koumuinjpg


    「公務員 副業」で検索すると、公務員が副業したら、即懲戒免職という間違った情報を多く見受けます。(特にヤ〇ー知恵袋)

    この手の誤った情報の発信元は、公務員ではない一般の人であったり、公務員であっても地方公務員法、人事院規則を理解していない、もしくは字面だけの表面的な理解に留まっている人なのではないでしょうか。

    そこで、今回はインターネットに流布する誤った公務員の副業に関する誤解を解くとともに、公務員でもできる副業について紹介します。



    目次

    続きを読む


      sww


      「資産」とは収入をもたらしてくれるもの、もしくは支出を減らしてくれるものを指します。

      収入を増やす、もしくは支出を減らすことで、可処分所得を増やして、貯金を増やすことにつながるからです。

      貯金があれば、さらなる資産を購入することができます。

      資産を購入することを「投資」と呼び、その資産を効率よく動かしてさらに増やしていく過程を資産運用と呼ぶわけです。

      しかし、どうせなら手堅い資産を選ぶべきですよね。

      決してリスクの高い資産に手を出してはいけないわけです。一回限りの人生ですから。

      そこで、手堅い資産について今回は紹介したいと思います。

      続きを読む

        img_648f7c6206a720e35b1e5c48801e1665684433


        公務員というのは一般的に民間経験がないので、経営感覚、ビジネスマインドに欠けている人々だといわれています。

        確かにそうですね。給与はすべて税金、営業ノルマもない。

        安定した身分に甘んじて、のほほんと過ごしている公務員は山のようにいます。

        業績悪化によって給与カットされたという経験を持つ公務員も、財政が悪化した自治体職員を除いてそんなにはいないでしょう。

        経済的にはガチガチに安定した公務員ではありますが、いかんせん、給与が低いですね。薄給です。

        地域の信用ブランドもある、一応安定した給与も見込める。

        ならば、さらに収入を増やす、貯金を積み立てる。そんな資産運用のスキルを持つことができたら、まさに最強の人生が約束されるでしょう。

        今回はそんなに資産運用スキルについて述べたいと思います。

        続きを読む

          KIJITSU_ZEN03

          ネットの情報はデマばかり!特にヤフー知恵袋はひどい!

          投票事務は儲かる!公務員利権だ!という誤った情報がありますが、フェイクニュースですよ。やはり、1次情報に当たらないとダメです。

          実は私は投票事務を何度もしており、それも投票事務の責任者である投票管理者を務めております。(投票管理者については後述)

          そこで、解散総選挙ということもあり、選挙が近づいているので、今回は投票事務における日当について正しい知識を紹介します。 



          続きを読む

            images (2)


            お金を稼ぐといった場合、働く必要があります。

            働くといった場合、どこかに所属する「勤労収入」と自分で稼ぐ「自営収入」の2種類です。

            違いは結局、どこかの組織に所属するか、自分自身で起業して収入を稼ぐのですが、共通点は、労働によって収入を得る「労働収入」というところです。

            自営収入もある程度大きくなって、会社経営者となるビジネスオーナーとなれば、自分で働かなくても良くなるかもしれませんが、すぐには難しいですよね。

            それに、会社経営となれば24時間ビジネスのことを考え、従業員の雇用も考える必要もでてきます。



            ここで考えるべきは、なぜお金を稼ぐのか?ということです。




            続きを読む


              blog0181


              お金とは「力」である。

              と、ロバートキヨサキ「金持ち父さん、貧乏父さん」の中でそのような言葉があります。

              当たり前の言葉ですが、この言葉は真理です。

              お金というのは、少なければ少ないほど、力は弱くなります。

              ちょっと抽象的な表現ばかりなので、具体的に説明したいと思います。続きを読む


                ed2367ee-s

                20代のような若手公務員の給与は、当然ながら50代公務員に比べて少ないです。

                横浜市を例にとって比較してみます。
                k25_2.pdf 


                rfre 

                経験年数10年:255,122円
                経験年数30年:422,626円 

                167,504円の差がありますね。

                年間に直すと、200万円ほど高いことになります。

                単純に考えると、20代公務員は年収では50代公務員に適わないことは明らかです。

                しかし、それを逆転する方法があるのです。続きを読む


                  a7ff05cc


                  本日の日銀政策決定会合において、賛成多数で現在の政策を継続することが決定されました。

                  そりゃあ、金融緩和消極派がいなくなったのだから、アクセル全開で現在の政策が継続されるのは当たり前ですね。

                  しかし、薄々感じていると思いますが、アベノミクスは緩和し続けなければならないのです。

                  たとえ、景気回復を実感できなくても、継続し続けなくてはいけないのです。

                  現在の株価自体が、強力な日銀マネーによって買い支えられているのに過ぎないからです。
                   続きを読む

                    6830_2_1

                    官民格差の解消の名のもとに、次々と公務員の身分が改悪されつつあります。

                    これは公務員にとっては、当然嬉しいことではありません。

                    年金だけでなく、退職手当もカットされるところをみると、本当に公務員も自己責任で老後をしていかなくてはならない時代になっているということです。

                    退職後といっても、最近、退職年齢が65歳に引き上げられたのですが・・・


                    関連リンク

                    今までが公務員は恵まれていた身分なのだから、仕方ないと思う人もいますが、本当にそうでしょうか?

                    そもそも、公務員が雇用保険に加入できないことを知っていましたか?続きを読む


                      [画像:cb1aa8af-s.jpg]


                      普段はお金ネタを紹介している本ブログですが、今日は趣向変えてお送りします。

                      台風や天候によって飛行機の到着が遅れることってありますよね。

                      そのおかげで、乗り継ぎの高速バスに乗り遅れそう!という緊急事態の経験はありませんか?

                      そこで、そんな時の一応の対策を紹介します。続きを読む

                      ↑このページのトップヘ