ダウンロード

スポンサーリンク


家計簿に時間をかけるな。てか面倒くさいでしょ??

家計簿をつけるときは、基本的にレシートを後日記帳するわけですが、非常に面倒くさい。なので面倒くさがりだけど、支出チェックしたい方向けの家計簿スキルを紹介します。







0 まず何で家計簿つけるの??

○家計簿をつける意味は、ずばり自分の支出をチェックするためです。要はいちいち明細なんてわからなくてもいいわけです。とりあえず月々どれだけのカネを垂れ流しているかを把握することが大切です。食費、通信費、交際費、どれが一番支出セクターかということまでは次のレベル

一ヶ月にどれだけのカネを支出しているかわかればOK

1 クレジットカードで払う

出典carda.jp

○クレジットカードだと後ほど明細がわかるので、いちいち家計簿をつけなくてよいのでラクですね。それに明細書がなくても、ネット上で確認できます。

○しかも、クレジットカードだとポイントもつくのでお得。100円=1ポイント=1円

○現金と違って、しかも無金利で支出を先伸ばせる。(※ただし、リボ払いは絶対ダメ!)

クレジットカードで払え。払わない奴は絶対人生損している。マジで

2 現金払いはかならずレシートをもらって、「スナップショット家計簿 私の家計簿」を使う。

○クレジットカード払いができないときは、現金を払います。その時はレシートを貰いましょう。

○レシートを入力しないで使えるiphoneアプリ「私の家計簿」を使ってスキャンしましょう。

レシートは手打ちするな、読み取れ。

3 レシートが出ないところは諦める

○飲食店、飲み屋には、まだまだ領収書が簡単なメモみたいなところが多いです。「私の家計簿」でも読み取れないので、これだけは手打ちです。

○ただし、エバーノートなどに日付と金額をメモしておきます。








 

レシートが出ない店は基本使わない。だけど、行きつけの飲み屋ほどレシート頼みづらいよね

4 最後に合計額を出してみよう

○クレジットカードの合計+「私の家計簿」の合計+レシートがない支出の合計=1ヶ月の合計です



















 


手打ち、手書きをしないだけでかなりラクになるよ!ぜひ試してみてね

編集
スポンサーリンク


PR
頭金0円!土地なしでもできるシノケンの不動産投資


人気記事トップ20

    トラックバック