gatag-00005784




公務員が安泰しているとはいえ、悲しいことに月収は低く、国も地方も人事院勧告の名の下で、今後も給与については下がることはあっても上がりません。

民間の大企業がアベノミクスで給与、ボーナスが上がっても、公務員には関係ありません。でももう少し収入が欲しい・・・!では、副業でもしませんか?少しでも手取りを増やして、生活を豊かにしませんか。

あと、断言しますが、公務員でもできる副業はあります!そこでは、今回は公務員は副業にできないという誤解を解きたいと思います。


(追記:平成29年8月11日)
本記事をリニューアルしましたので、下記記事をご覧ください。
副業禁止はあくまで原則論!公務員でも合法的に可能な副業を徹底解説