2014-11-12-15-55-06


公務員の基本給与は月額では低いですが、それを増やす一番ラクな方法は、残業代を稼ぐことです。アドセンスアフィリエイトや、せどりでも稼げますが、リスクや初期の学習などを考慮すると、やはり残業で稼ぐ方法がシンプルですが、効果的でしょう。

が、平日の5時過ぎにやるのは、体力的、気力的にもしんどいものがありますよね。なので、今回おすすめしたいのが、公務員のための土日残業のススメです。


土日の職場は静かで快適

土日は平日のように電話もなければ、同僚や上司の目もないので、のびのびと仕事に集中することができます。平日ば市民対応などでできない事務処理や起案を片付けてしまいましょう。


午前中ばゴールデンタイム

土日出勤ならば、8時の定時に出てきましょう。そして、昼休みまでひたすら仕事をします。午前中は涼しいし、仕事には最高の環境だと言えるでしょう。


土日のほうが平日残業より手当が加算


同じ残業でも土日の残業は、平日の残業に比べて加算されます。同じく単位時間当たりの労働なのに、日が変わるだけ手当が増えるならば、やはり土日にやりましょう。


仕事に疲れたら、スマホで気晴らし

ずっと仕事してると集中力が落ちるので、気晴らしにスマホを触ったり、タバコ吸ったりしてみるのもいいかもしれません。これは、平日だと中々難しいですが、これも土日ならではですね。


公務員の残業代の時給を2000円とすると、、


主査級職員であれば、時間単価は2000円を超えているので、仮に2000円として、それを平日2時間、土日で合わせて8時間するとします。すると、月の残業代は70時間を超えます。

ちなみに月の残業が60時間超えると、時給が少し加算されるのですが、それを除外しても、70時間×2000円=14万円稼げます。ちなみに、これは残業代だけです。これに基本給与と諸手当を加えるの額面では、30万円は超えますね。

月30万円、年間360万円、これに期末手当、勤勉手当なるボーナスも加算されて400万円後半ほどになるでしょう。

この金額が多い少ないか別として、月10万円稼ぐ心理的、体力的ストレスは低いと思われます。月10万円貯金に回せば、年間100万円以上貯まりますし、10年間で 1000万円も可能です。残業代だけで。

公務員なので、年齢に応じて給与も高くなりますし、主任クラスになると時給は2800円を超えます。これを月に頑張って100時間やることで、月28万円の残業代を稼ぐことも可能です。


月100時間残業のハードルは高くない。

月100時間残業ですが、これも平日4時間、土日に8時間やれば、4×5×4=80時間、8×4=32時間、合計100時間超えを達成できます。

土日を平日どおり出てきたら良いのです。


今すぐお金が欲しい公務員の方は、副業よりも残業代稼ぎが手っ取り早いのかもしれないですね。


でも、やっぱり副業で稼ぎたいという人は下のリンクがおすすめですよ。
公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト
編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック