a8c6a8dc


公務員を辞めたいと考えている人もいますが、どうして辞めるんですかね・・・公務員ほど恵まれた職場環境もないと思うのですが、本当に考え直した方がいいと思います。そこで、なぜ公務員はやめると損するのか書いておこうと思います。


民間はノルマがあるのを知っていますか?
  
確かに公務員にも行政目標があり、締切もあってその負担も多いと思いますが、民間も営業して利益目標を達成しなければ、給料にも影響します。ノルマの達成のために銀行員ならば知り合いや友人知人に口座開設から、クレジットカードの作成をお願いするし、百貨店ならばお歳暮も買わせる、郵便局ならば、年賀状も買わせるし大変ですね。

そんなノルマに耐えうる実力があれば、いいのですが、公務員の方には厳しいのではないでしょうか。だからこそ、ノルマから解放されている公務員は精神的にも楽だと思うのですが・・・

民間は給与カット、リストラ、サービス残業が当たり前
  
公務員も給与カット、サービス残業もありますが、民間はさらに深刻です。サービス残業が状態化しているブラック企業もあり、役所のように労働組合がない、もしくは無力な場合もあります。加えて、先ほどのノルマが達成できなければ、リストラの対象にもなります。

公務員も分限免職の可能性がありますが、まあ、ほぼ飲酒運転や不祥事を起こさない限り無いといっていいでしょう。やはり、雇用が手厚く守られているのは、非常に心強いですね。


給料が昇給しないこともある

民間はノルマはあるわ、リストラの危険もあるわ、加えて給料が上がらないわけですね。あくまで成果主義なので、公務員のようにどんどん昇給しないですよ。下がることはあっても、上がらない。そんなバカな話があると思うかもしれませんが、それが民間企業というものですよ。


地方にそもそも安定した民間企業がありますか?
  

公務員ほど、ノルマもなく、待遇も保証されている民間企業、それも大企業はあるでしょうか?だいたいが、地方銀行か、農協、郵便局ぐらいですので、ほぼ無いといっていいでしょう。それなのに、民間、それも地方に在住して公務員以外の安定した職はほぼ無いですよ。

地方は産業がないから、地方創生や何やらでいま雇用を作っていく政策を実施しているわけですから、安定して働き続けられる民間を地方に求めるのは無理ですよね。


公務員をやめて民間に行く前に十分に調べよう
  

公務員の仕事にやりがいを感じない、つまらないと感じることもあると思いますが、民間だからといってやりがいを感じるわけではありません。それは幸せの青い鳥を探すようなもので、やりがいのある仕事はそう見つかるわけではありません。

しかし、公務員はやはり恵まれているわけですし、給料も40代からどんどん上がっていくわけですからね。今は我慢しましょう、必ず上がりますから。なので、民間に下りずに、今後も恵まれた公務員として働きつづけようではありませんか。

 
スポンサーリンク