img_0

公務員の副業として、不動産投資はおすすめですが、地方において良い条件の物件はなかなか見つかりません。それに、利回りも表面利回りは高くても、実質利回りに換算するとそんなに良くないわけです。

では、公務員だからこそ強みを生かせる不動産投資は何か、考えたときに今回紹介する生活保護受給者向けのアパート経営という不動産投資です。

地方公務員であれば、福祉にも精通している方も多いので、公務員の強みを発揮できる分野だと思いますので、今回はそんな特殊な不動産投資について調べてみました。



増加する生活保護受給者と広がらない住宅の確保

a677cab8


現在、生活保護受給者は全国で200万人を超えており、年々増加しています。背景には高齢化によって年金で生活できない方の増加と、その他世帯、つまり、働けるけれども働けない人々の増加です。この流れはしばらくは収まらないと思います。根本的に日本の雇用環境はまだまだ厳しい状態であり、労働環境の改善は今後も遅れているのが現状です。



古い老朽化した物件も需要がある

DSCN1888
 

新品で良い物件であれば、ニーズがあって借りてくれると直観的に考えるものですが、実際は生活保護世帯の用にターゲットを絞れば、たとえ古くても、値段が安ければ借りる人はいるということです。

そんな安い老朽化した家であれば、土地値で家が買える、というメリットがあります。しかも、生活保護世帯であれば、生活保護費から家賃扶助が出るので、滞納リスクが低いというもの魅力的な点です。

このように生活保護向け住宅というのは、ある意味で不動産マーケットのニッチな分野です。
 
 

ボロ物件は工夫の余地あり 

 10273120


ボロ物件、老朽化した物件はそれゆえにリフォームによって再生して、付加価値が高まる余地があります。最初から新品の良好物件を買おうと思えば、それなりのお金が必要であり、公務員がいくら借入がしやすいといっても、最初から多額の借入は躊躇するものです。

それゆえ、まずはボロ物件を現金一括で購入して、仮に失敗しても土地は残るわけですから土地値で買えるのは魅力的です。



物件は立地で決まる。ボロくても立地が良ければOK

4146_0

 
ボロくても、病院が近い、スーパーが近いなど個人の選好は人それぞれであり、 建物の質が低ければ、立地で勝負するしかありません。そこで、立地を重視、土地値で安く買うことができれば、それだけ貸し出す可能性が高くなります。

田舎の立派な家よりも、都市部のボロ家の方が圧倒的に需要はあります。仕事でよく接する機会がある生活保護世帯というターゲットに絞ることで、差別化を図りつつも、公務員の強みを生かした不動産投資が実現します。


 
まずは徹底した不動産の調査から

990b5ebb9


不動産投資は多額のお金が必要であり、事前に綿密な調査が必要です。そのため不動産関連の書籍やネットの情報を検索する必要があります。

徹底的に不動産投資に研究し、実践することで、また一つ安定収入を手に入れる道へと一歩近づくことになるでしょう。



ちなみに利回りがいいのは、断然アパートですので、アパートに特化した不動産会社を選ぶのが合理的です。アパート経営に特化した企業としては、シノケンがおすすめです。 というのは、この企業から資料請求すれば、不動産投資に役立つ無料のパンフレットとDVDがもらえるます。DVDのクオリティが思ったより高いのでそれだ
け価値が高いです。

下の佐々木蔵之介さんのリンクから無料で請求できますよ。




スポンサーリンク