bd1c23d03730c5a074495635b3ca98e8


公務員が株式投資を行うにあたっては、短期の値動きに影響を受けない長期投資が基本となります。


もちろん株価が上がる分には良いのですが、そのキャピタルゲインを目的としないことが大切です。つまり、配当や株主優待によるインカムゲインを目的とした投資を行うことが必要となります。


その点を踏まえて、どのような銘柄を購入すれば良いのかを考える必要があります。基本的には配当の利回りが高いものが目安となりますが、それに加えて業績が安定していることが条件となります。場合によっては株価が下がり続けているにも関わらず、プールしている現金で配当を支払うケースもあります。一見すると利回りは非常に高くなりますが、その経営状態を見るとリスクが高いことがわかります。


テクニカルで判断しすぎない

ダウンロード (8)


株式投資には、実に様々な知識が必要となるものです。時には勉強すればするほど、その奥深さにはまりこんで自分が何をすれば良いのか分からなくなる場合もあります。


PERやPBRといった指数を気にするようになると、さらに難しくなりますし、銘柄選びにも迷いが出てきます。


そこでまず抑えておくことは、株価の値上がりに関するテクニカル的なことは気にしないということです。まずは配当を安定して出せる企業を探すことにポイントを絞ることが大事です。


お得な株を徹底的にスクリーニングせよ
imgh2



たとえ相場全体の動きに影響されて、一時的に大きく値を動かすことがあっても気にしないですむような銘柄を探すことが大切というわけです。これは証券会社のスクリーニング機能などを利用することでも行うことができます。

あるいは、自分の好きな会社の株式を保有する、それだけでも良いものです。

ただし、その購入の仕方は勉強する必要があります。一度に全ての資金を投入するのではなく、少しずつ増やすように分散して行うことが大事です。もちろん、業績が悪化してくるようならば思い切って売却することも、時に必要となります。いわゆる塩漬け状態となると、せっかくの投資資金を活かすことができなくなります。

その時に備えて、普段から購入予備軍としての銘柄もピックアップしておくことも大事です。


スポンサーリンク