13653254 


経験から裏打ちされた名言というのは、実際の株式投資においても心に響くものがあります。それゆえ、今回はいつもと趣向を変えて、べたではあるけど、説得力があるそんな株式投資の名言を書いていきたいと思います。

頭としっぽはくれてやれ

fish02_04


どんなにストップ高でも、明日も必ず上がる保障はありませんし、どこまでが天井かなんて誰もわかりません。また、逆もしかりで、安くなった底で買いたくても、まだまだ底なし沼かもしれません。このように株式投資は一寸先は闇という世界でありますので、欲張らず、同時に必要以上に臆病にならずに株式市場に向かい合うことが大切なのかもしれません。

ちなみに、私も本日クックパッドの株式を一部売却しました。もっと上がると思いますけど、うーん。やっぱり臆病なので、全ホールドは怖かったんですよね汗

ということで、頭としっぽはくれてやれ、ということで。


利食い千人力

profit-550x550


結局リターンは神様が与えてくれたものにすぎず、明日もその含み益が残っているかわかりません。確かにもっと稼ぐチャンスもあるわけですが、それより利益は、確定させて初めてトレードは終わるので、利益があるうちに確定させて、次の暴落、逆張りに備えて軍資金をストックさせる方が安心ではないんですか。なので、なんだかんだで利食い大事、ということですね。


休むも相場

nekoneru


毎回買えばいいってもんではありません。むしろ買わない方が手元資金を温存させることができますので、変に含み損を拾いに行く必要はありませんしね。なので、たまには様子見で買わないということで頭も心もクールダウンさせることで、市場を冷静に見つめることができます。
 

下手なナンピンすかんぴん

gahag-002531


銘柄を買って、次の日下がっていて、悔しいやら、焦って買い増してしまってはそれこそ地獄への道まっしぐらです。ナンピンは高い確率で損します。よほど、その銘柄に自信がない限り、または買い材料がでてこないかぎり、おそらくしばらく塩漬けです。

そうなるぐらいならば、あっさりロスカット(損切り)することが大切です。とはいっても、できないのが人情ですけども。。


まとめ

結局、株式投資で儲けるのは難しいです。それでも、ギャンブルに比べたら、勝つ確率が高いギャンブルであることも事実です。いかに感情をコントロールして、冷静に企業を比較し、損切りもできないようなケチにならず、一方で上昇したか株式をすぐに利益確定してしまわないようなそんなメンタル力が必要です。

まあ、私のような臆病公務員トレーダーはすぐ利益確定してしまいますが笑
 
編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット