g_domestic_pts_01_160115_title_02


公務員は株を購入することは、副業の一環として認められておりますが、それでも、昼休み以外は基本的に仕事に専念しなくてはいけません。そこで、今回紹介したいのが、夜間に株を購入できる「PTS取引」です。これを使うことで、日中株式を購入できない、サラリーマン、公務員におすすめの取引市場です。

最近のように日中のマーケットの値動きが大変激しい中では仕事をしながらトレーディングを行なう事は大変危険です。 会議や仕事で数分間眼を離すだけであっという間に大きな損害が出て血の気が引く思いをした方も多いのではないでしょうか。

株式取引に日々向き合っている公務員の方も同様です。とはいえ、そもそもPTSって何?なんで有利なの?という疑問を抱くかもしれませんので、今回紹介する夜間でも取引ができるPTSについて書きたいと思います。

PTSのシステムとは 


robot1_blue



PTSとは簡単に述べると通常の証券市場が開いていない時間でも取引ができる事をいいます。 これを有効に活用する事で自分の投資の幅が格段に広がっていきます。 この取引に関する時間帯は証券会社によって大きく異なりますので、自分が口座を開設している証券会社の取引内容を確認していきましょう。

ちなみに私はSBI証券のPTSを利用しています。


jp_ETGate_


少し調べると、今PTSをしているのは、SBI証券だけのようですし、手数料も昼間より安いのが非常に魅力的ですので、PTSで夜間取引をしたいと考えるならば、SBI証券に口座を作ることが近道かもしれません。

jp_ETGate_



昼間忙しい公務員の方でもゆっくり投資が可能

bg_outside_jutaku_yoru (1)

PTS取引は、日中多忙な公務員の方においても大変最適な投資方法です。値動きの荒い時間帯では中々取引は難しいですが、これを活用する事で仕事が終わってから自宅でゆっくりと 株式投資ができます。

日本市場は午後3時で一旦しまりますが、その後でも経済は動いています。夕方以降に発表されて情報を吟味して取引を行っていけるのは大変嬉しい事です。

欧州市場、米国市場、など日本市場が閉まった後で開く市場の動向を見据えたうえで、取引ができるので、一定のリスクヘッジとなるので安心です。


PTSのメリット

kabu_happy


企業の決算発表は通常、市場の混乱に備えて、取引時間中ではでは行われず、取引時間外の15時以降にに行われる場合が大変多いです。

これにより、決算発表日の前後の注目株は大変値動きが荒い事は述べました。 PTSにおいては決算発表後の時間帯での取引が可能ですので、公務員の方でも気軽に取引を行っていく事ができるのです。

安心して発表を見極めて取引を行っていくことができるのです。 是非、楽しんで自分らしい投資判断を行っていきましょう。 トレーディングではなく、長期的に安定した資産運用を行っていきたい公務員の方に最適な方法がPTS取引なのです。 


しかし、株式投資を普通に行うよりもさらにお得であるのが、確定拠出年金制度です。これは公務員にも解禁されたのですが、まだまだ広がっていないので、興味がある方はぜひ以下のリンクをご覧ください。

次の記事(関連記事)
編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット