facebookcover

最近あまり書いていなかった書評・・・というか読書感想文を書きたいと思いますが、ホリエモンこと堀江貴文さんのムック本は珍しいので購入してみましたが、ホリエモンの今までの人生を通じて感じた事、マインドを知ることができる一冊となっています。1,000円で丸ごと一冊ホリエモンの内容なのですが、非常にお得であったので、何冊もホリエモン本を買っている人は、これ一冊でもいいのではないでしょうか。


ちなみに、Amazonの紹介文は以下のとおり


堀江貴文氏責任編集で贈る、人生と仕事の成功の秘訣!! 
実業家・堀江貴文氏は、なぜあそこまでのビジネスセンスを持ち、行動力があり、楽しそうに仕事しているのか? 
それは、「遊びが仕事になる時代」の到来を確信しているからだ。

時代の最戦前に立ち続ける堀江氏が、これまでの経験から培ったノウハウや人生を豊かに生きるためのヒントを、自身の言葉で披瀝。ときに厳しく、ときに優しいその言葉は、将来への不安をいだくビジネスパーソンや人生に喜びを見いだせない若者に大きな刺激を与えるでしょう。

さらには、西村博之氏との対談、勝間和代氏ら著名人へのインタビュー、堀江氏が注力している様々な事業の紹介などを踏まえて、同氏の最新の考えや真実の姿を明らかにしていく。


しかし、この紹介文だけではよくわからないので、非常にコスパの高い堀江貴文という生き方、という雑誌を紹介したいと思います。


ホリエモン雑誌の目次

全部で127ページで、目次としては以下のようになっています。

(1)堀江流 遊びを仕事にする方法
(2)堀江貴文 10の哲学
(3)堀江貴文の現在進行形ビジネス
(4)特別対談 ひろゆき × 堀江貴文
(5)外から見た堀江貴文
(6)列島の度肝を抜いた堀江貴文5つの事件
(7)ホリエモン 名言



ちなみにホリエモンは基本的に書籍や有料メルマガ、いろいろなメディアで持論を展開しているので、それらを隈なくウォッチしているホリエモンマニアにはもう聞き飽きた話だと思いますが、それでも久しぶりに読むと、やっぱりホリエモンは話が面白いなあと思うわけです。


遊びで食っていける時代になった

面白いこと、自分の趣味を仕事にする方法を考えろ。メジャー市場を狙わずにニッチなマイナー市場で食いぶちを稼ぐことで、チャンスがある、ということ。

実際、最近のホリエモンは趣味を仕事にしている感じであるので、これは本当のことであるけれども、実際に成功するかどうかは知名度や、ブランドが大きくかかわっていると思うけれども、それでも、ニッチなマーケットを狙えというのは、メガヒットがなくなった現代では適格な指摘だと思う。

また、とりあえず実践して経験値を積むことを推奨しており、失敗をしてもやり直せばいいじゃんというのは救いがある言葉。なので、いろんな遊びをして、とことんやれば、ビジネスにつながることもあるじゃん、というのは面白いですね。

時代的にも遊びや趣味の延長線上でビジネスが成立する環境が整いつつあるのは、現代社会の特徴であるといえますね。


趣味?遊び?現代のユニークなビジネスを展開する人たち

現代のようにネットが普及して、ソーシャルメディアが広がっているので、遊びや趣味の延長線上にしていたことが実際に、食い扶持、ビジネスにつながりやすなりつつあります。実際に遊びがビジネスとして成立した例として、ホリエモンは以下のような人々を紹介しています。

(1)イケダハヤト

cQBLCnWs

ブロガーとして、サロンなどを実施して受講者を集めた会費ビジネスで収入を実現。同氏が提唱するライフスタイルそのものを販売することでファンを獲得している。


(2)GOOSE HOUSE

ダウンロード (8)


インターネットやユーチューブ上でファンを抱えて、CDも販売するという現代のネット時代を象徴する音楽ユニット。このように今までのメジャーレーベルとは一線を画しているところが面白いところです。

(3)ユーチューバ―

fd141003b001h


もはや有名になったユーチューバ―も新しい働き方の例として紹介されています。地方テレビ局ぐらいの影響力はあるのではないでしょうか。


そのほかにも、イルマニア、厚切りジェイソンのような高学歴芸人などなど、今までの常識では考えられない方法で成功している人も取り上げており、この構成は、さすがは宝島社といった感じです。面白いです。



そのほかにも実際にホリエモンが手掛けているビジネスやアプリといった情報から、ホリエモンのビジネス思考が至る所に盛り込まれていることから、これで1,000円程度で買えるのはお得だと思います。

また、勝間和代、ひろゆきといったホリエモンとゆかりの深い人のインタビューも掲載されていることも珍しい構成となっていることから、一粒で二度おいしい内容となっています。

今は絶版となっているものの、このような雑誌形式でホリエモンのマインドを学べるのは珍しいので、まず1冊読んでみることをおすすめします。



【PR】
100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営

スポンサーリンク

  ▽人気記事セレクション


スポンサーリンク