tbs_images5


不動産投資を検討している方も多いと思いますが、不動産投資の弱点は巨額のお金が必要であるということです。そこで、まずはREITを買うという方も多いと思いますが、REITはあくまで投資信託であり、ボラティリティが高くリスクがひっかかります。

そこで、不動産投資をするよりも、優良不動産を保有している会社の株を狙うというのはどうでしょうか。

実際、上場している企業で、本業よりも不動産の賃料収入が稼いでいるという企業はたくさんあります。 なので、かつては、投資ファンドが時価総額以上に不動産価値が高い企業を狙うということもありました。

不動産投資は借金、レバレッジのリスクが高い。しかし、不動産は収入を生み出す、まさに資産の中でも屈指のもの。だからこそ、不動産、それも優良不動産を多く所有する企業の株式を購入するのは有効な手段だと思います。

そこで、今回のリストアップする際の投資基準としては、高配当より、安定収入が見込めるか、財務基盤が手堅く、減配リスクが少ない銘柄を狙うということで、以下の2点に絞りました。

(1)不動産収入のように安定収入がある
(2)2%以上の配当がある(優待も含める)

そこで、いくつかリストをフィルタリングして、その中でも私自身も購入している、もしくは購入したい銘柄をビックアップしましたので、ご参考にしてください。 

スポンサーリンク

(1)サンリオ

196269622-1400747090_l

配当利回り:4.4%

案外知らない人も多いのですが、サンリオは優良不動産を多く持つ企業であり、キャラクタービジネスのライセンス収入だけではないということです。

それに加えて、ピューロランドの優待券もありますので、なかなかお得です。以前のエントリーでも紹介しましたが、これは買っておいて損はないと思います。仮にサンリオがつぶれてもそのキャラクター版権がある限り、倒産はないでしょうからね。


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8136.T



(2)フジ・メディア。ホールディングス

ダウンロード (2)
 

配当利回り:3.5%

湾岸に土地を保有し、視聴率が下がってもその不動産収入が下支えする構造は異常ですが、それでも配当利回りと安定性から注目の銘柄です。それに、カジノ関連銘柄の一つと位置付けられていますので、テレビが面白くなくても、不動産でウハウハも十分ありえます。


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4676.T



(3)朝日放送

Asahi_Broadcasting_Corporation_headquarter


 配当利回り:4.4%(※優待含む)

本体のテレビ朝日も六本木の不動産をもっていますが、朝日放送も配当利回りが高い優良な企業です。「探偵ナイトスクープ」が有名なテレビ局って感じですね。


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9405.T



(4)西日本旅客鉄道(JR西日本)

95024725_624


配当利回り:2.19%

鉄道会社こそ、隠れた優良不動産地主企業です。しかし、欠点は配当利回りが低いことです・・・しかし、JRに資本はかろうじて2%の利回りがありますし、なんといっても西日本では阪急阪神と並んで優良企業といえます。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9021.T



(5)空港施設


blog_import_538ff6ed92176


配当利回り:2.4%

日本航空とANAが大株主であり、空港というインフラをもっているのが強み。


(6)ダイドーリミテッド

main_image04_pc


配当利回り:2.3%

ニューヨーカーといったブランドのアパレル企業ですが、不動産賃料が収益の柱。こういうアパレル企業は割と多いです。


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3205.T
 

 
(7)オンワードホールディングス

20140116onward

配当利回り:3.79%



日本を代表するアパレルグループであり、アパレルメーカーなら定番の優良不動産を多く所有して賃料収入も多くあるので、そのブランドと賃料収入がやはり、この企業の魅力でしょう。



(8)クラボウ

5140
配当利回り:2.7%

アパレルって本当に土地持ちが多いんですよね。たとえ、繊維がダメになっても不動産収入がある限り問題ないでしょう。
 
現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3106.T



(9)飯野海運

 ダウンロード (3)

配当利回り:2.6%

海運業よりもむしろ、飯野ビルディングの賃料収入が安定しているので、土地の含みを多く抱えている優良企業といえます。

現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8016.T



(10)イオンモール

ダウンロード (1)

 
配当利回り:4.4%

イオングループのモール部門を統括しており、事実上イオングループの大家さんです。イオンの商品も株主優待もついているので、非常にお得です。

現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8905.T

 
 
(11)京阪神ビルディング

Asahi_Broadcasting_Corporation_headquarter
 

配当利回り:3.1%

住友系であり、場外馬券売り場やオフィスビルを賃貸で安定的に収益源をもっています。


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8818.T



(12)石井鐵工所

img_branch01


配当利回り:3.45%

工場跡地の不動産賃料が収益の柱

現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6362.T



(13)エヌ・ティ・ティ都市開発 

company-sp


配当利回り:1.7%


NTTグループから安く土地を仕入れて、それをマンションとして分譲するといううらやましいビジネスモデルの企業です。すみません、これは配当利回りが2%を下回っているものの、そのビジネスモデルが優良なので、今後伸びていく可能性と、配当性向を高めていることを評価してリストアップしました。

現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8933.T



(14)東京放送ホールディングス

tbs_images5


配当利回り:2.5%

赤坂サカスで稼ぐ、まさに放送業よりも不動産業で稼いでいることから、赤坂不動産といわれるTBSです。配当金の利回りは1,6%程度ですが、優待のクオカードが加わることで、利回りが2%を超えています。一説にはかつて、楽天はTBSの優良な不動産を狙って経営統合を提案したといわれています。 


現在の株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9401.T



大企業の中では、優良不動産を多く所有している企業は案外多くありますので、不動産の賃料収入が安定的にある限り、株価にも一定下限ができますし、最悪、どこかの企業が買収に必ず動きます。

不確定な利益よりも、安定的な不動産収入を狙うほうが賢明でしょう。 
編集
スポンサーリンク


PR
頭金0円!土地なしでもできるシノケンの不動産投資


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック