マトリクス

このブログでは、今まで副業について調べてきましたが、ここで今一度副業について分析することにしました。手っ取り早く、お金を稼ぎたい、欲しいと思ったら株式よりも、アフィリエイトよりも、何よりもやっぱり残業をやったほうが最も手っ取り早く稼げることがわかりました。

もう結論言ってしまった感じですが、もう少し詳しく書きたいと思います。


マトリクス

簡単ですが、この図は先ほどエクセルのワードアートで作ったのですが、副業を分析するとだいたいこんな感じではないでしょうか。

「元手」と「てっとり早い」かどうかで分析しました。この図をもとにそれぞれの副業を分析しました。


※ちなみに、副業については過去でこんな記事を書きましたので、よかったらどうぞ。
公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト


パターン(1) 元手がかかって、手っ取り早い

01



このパターンに該当するのが、副業の定番株式投資です。確かに株式には低位株のように2,3万円で帰る株もありますが、実際、その程度の運用では稼ぐことはできません。

なので、一定の元手が必要になってきます。株式投資をデイトレのような利ザヤ目的と考えれば、手っ取り早く稼ぐことは可能でしょう。なので、元手があまりない、50万円程度であれば、配当狙いのインカムゲインもいいですが、キャピタルゲインで利ザヤを稼ぐ方が稼ぎやすいですね。


パターン(2) 元手がかかって、時間がかかる

02


元手がかかって、回収まで時間がかかるのは、やっぱり不動産投資です。とはいえ、最も稼ぎ額が多いのもやっぱり不動産投資です。最低でも100万円単位が必要になってきます。

それでも、安定して家賃収入が入る見込み、入る物件さえ手に入れば、確実な収入源となるのは間違いありません。


パターン(3) 元手がかからず、時間がかかる


03


元手がかからず、時間がかかるものの筆頭はアフィリエイトでしょう。確かにすぐに稼げる人もいるかもしれませんが、そんなラクではないのが、このアフィリエイトの難しさです。実際問題、アフィリエイトは一定のコンテンツと、コンテンツ記事を書くためのマーケティングやリサーチが必要になるからです。

そして、次はせどりです。これは手っ取り早く稼げる分野でもありますが、商品リサーチやらで一定の時間が必要になります。しかし、元手は株式投資のように何十万も必要ありません。それでいて、利益率も高いのがポイントです。

パターン(4) 元手がかからず、手っ取り早い


04


はい、今回の結論ですが、手っ取り早く収入を得るためならば、残業をとことんやればいいだけです。しかも、元手もいりません、必要なのは体力だけです。なので、やっぱり公務員がすぐに金が欲しいと思えば、残業を平日、土日とやればいいんですよ。

あと、FXも手っ取り早く、元手もほとんどいりませんが、当然レバレッジをかけるので、その分リスクも高いです。ハイリスクハイリターンというものです。

それと比べるとやはり、残業が最強ですね・・・・

とはいえ、残業を普通にやれば、体力、精神力ともに持ちません。なので、そこは便利グッズの力に頼ってもいいかもしれません。おすすめの商品は過去で何度か紹介していますので、そちらもご覧ください。

参考リンク
公務員事務職の生産性を10倍にするおススメ文房具10選

【PR】
100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営

スポンサーリンク

  ▽人気記事セレクション


スポンサーリンク