image



住民税を毎月の給与から天引きされてますね。えっ?そもそも住民税に無頓着?ちなみに、住民税と同じく所得税も毎月の給与から源泉徴収されてますが、住民税は所得税に比べて控除が少ないんですよね。

それなのに、税率が県民税、市民税合算して10%はあります。なので、課税所得が仮に500万円だとして、50万円は住民税として持ってかれてるわけです。

この住民税、何とかしたい、と思った人?それを現金ではなくTポイントで支払えるって知ってました?

そこで簡単だけど、効果的な住民税をTポイントで支払う方法をお教えします。
では、早速答えです。

答え:ふるさと納税をTポイントで支払い、ワンストップ納税で住民税を控除する。

何???と思った人もいると思うので、説明すると、早い話がふるさと納税って現金じゃなくてもTポイントで可能ですよ、ということであり、ふるさと納税って後で支払い額から2000円差し引いた分が来年の住民税から引かれるので、結果的にTポイントで住民税払ってるよね、ということです。

ヤフー公金支払いについては、こちらから

今まで、ふるさと納税は確定申告の必要がありましたが、今はふるさと納税をした自治体から送られてくるワンストップ特例申請書に記入するだけで済みます。

その際は住民税から控除されます。もし所得税も控除したい場合は確定申告をする必要がありますが、所得税の控除分も住民税から控除されますし、控除が少ない住民税から控除した方が節税上では有利です。

そもそも、ふるさと納税をTポイントでできるの?と思われた方もいるかもしれません。確かに全ての自治体が対応してる訳ではございませんが、主要なふるさと納税実施自治体は対応してますので、ご安心を。

image


支払うのも至って簡単で、ふるさと納税の支払いを、ヤフー公金支払を利用して、支払い方法をTポイントにするだけです。

image


実際はふるさと納税ポータルサイトのふるさとチョイス経由でいけば簡単すぎるほどスムーズに支払いができます。

image


よって、具体的な作業としては、ふるさとチョイスに登録する、ヤフー公金支払に登録する。これだけ、です。


これでTSUTAYAやファミリーマート、ヤフーショッピングで貯めたTポイントを納税の方法で使えるんです。

そして、忘れてはいけないのが、ふるさと納税は非常にお得であり、事実上の節税であるということです。現金は一切使わず納税、節税が実現してるのは凄いとしかいいようがありませんね。

ふるさと納税について、よくわからない人は、こちらのリンクから

スポンサーリンク