35576eb40447763052a7396753eec07c

公務員というと、ラクで超絶ホワイト企業でうらやましがられることが多いのが特徴ですが、実際のところ一定数の人が長期療養のため病休している職員もおります。

理由はいろいろありますが、一つの理由としては仕事上のストレスや対人関係、理想と現実のギャップなどなどですが、長期療養ともなると、基本的に一日中家にこもることになりますので、それは余計にメンタルが病んでしまう原因となってしまいます。

長期療養となれば、90日間は給料が保証されますが、それ以降の1年6か月間は給料が減らされてしまいます。このようにメンタルが弱っているのに給料が減るのは避けたいところですよね。

そんな長期療養で給与も減らされて困っている公務員の方は副業をお勧めしたいと思いますので、以下でおすすめする理由とそんなおすすめの副業について述べたいと思います。 


長期療養によるメンタルダメージを副業で軽減させる


長期療養中は基本的に、外をぶらぶら歩くことはできませんし、それが地方公務員であれば運悪く職場の同僚や同じ職員にバレると、たちまち悪い噂が流れます。「あいつは税金でずる休みをしている」という悪評は絶対に避ける必要がありますよね。

そこで、 映画を見たり、ゲームをしたり、家事をしたりと、家庭内でできる気分転換方法を実践するという方法もありますが、そのように遊びばかりをしていると職場復帰ができなくなる恐れがあります。

そのため、メンタルダメージを抑えつつ、職場復帰ができるようにトレーニングをする必要がありますので、副業をするのが有効です。 



そもそも長期療養中は副業は許されるのか?

長期療養中とはいえ、副業もジャンルによっては「基本的に」は禁止です。一部合法的にできる副業もありますので、その種類によっては、下記の記事で紹介しています。


参考リンク
公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト  


上記リンクでも紹介しているように、公務員が合法的できる副業は、株式投資、不動産投資、農業が人事院規則で許されているものですが、家庭内で可能であるとすれば、おのずと株式投資だけ、となりますよね。

株式投資については、ネット株式取引であれば手数料も安く可能ですのでおすすめです。



長期療養中におすすめした公務員の副業はこれだ!


基本的に公務員とはいえ、副業による年間所得が20万円以下であれば雑所得扱いとなりますので、その場合は確定申告の必要がないため、税務署にばれることがなく、事実上バレずにこっそり可能な副業、ということになります。


参考リンク
公務員が副業で合法的に認められる上限額は20万円!ただし、抜け道があるよ! 


ということで、長期療養中のメンタル的に弱っているのであれば、おすすめはやっぱり文章を書くという副業、つまり、ブログ副業がおすすめです。


参考リンク

公務員がブログを書くことは副収入だけでなくメンタル対策にもなる事実

公務員の副業ならばブログがおすすめな理由


長期療養ともなれば、最悪失業する可能性もあります。なので、最悪に備えて、リハビリも兼ねてブログを書くことはメンタル的にも有効です。

私自身も気分転換をきっかけに始めたブログアフィリエイトですが、お小遣い程度ですが、収入と気分転換ができているので、おすすめですよ。
編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット