ダウンロード


公務員が許されている副業のジャンルとして根強く人気があるのは、株式投資とならんで不動産投資であることは、有名な話ですが、それでも、株式投資以上に大きな資本が必要になるのが不動産投資のデメリットです。

つまり、元手が必要となるので自力の貯金だけではせいぜいワンルームマンション程度しか購入することができず、不動産投資を公務員が実行に移すならば借入をすることが求められます。

確かに公務員ほど金融機関から借り入れしやすい職業はありません。ありませんが、借入する以上はリスクが大きくなりますので、十分に勉強しておくことが絶対条件となります。

もちろん、このブログでも不動産投資に役立つ情報を提供していますが、それでも、体系的にまとまっている情報を得ようと思えば、やはり書籍を購入する法が得策といえるでしょう。

そこで、今回は公務員が不動産投資を始めるまえに読んでおきたい書籍について紹介したいと思います。 


最初はこの3冊で十分!

めったにない公務員のための不動産投資術指南本である「世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術」をまず挙げたいと思います。

 
本書はめったにない公務員を対象にした不動産投資術に関する本です。この本が他の不動産投資術の本と異なるのは、融資が受けやすいという公務員の強みを生かすという点です。

基本的に不動産投資における要点は、いかにして融資を金融機関から引き出すか、というところです。

その点においては、公務員ほど強みがある職業はありませんので、そのハードルを乗り越えている公務員だからこそするべき点に言及しているのが本書の特色です。



 
次に公務員に限定せず、不動産投資に関する疑問点にこたえる形で書かれている本書がおすすめです。


1年目とうたっているだけあって、不動産の選定、購入、登記、維持管理、税金などなど不動産投資に関する基本的なことが書かれているので、最初の1冊としてもおすすめですね。



続いて、不動産投資というと確かに物件の選定、しかも優良物件の選定が最重要だと考えるかもしれませんが、実際そんな優良な物件がそうそう見つかるわけがありません。そこで、選定の次に借入、ファイナンスということになりますが、そんな借入の重要性について再認識するのがこの本です。


そのほかにも、不動産投資に関する本があるのですが、キリがないうえ、すべて有料であるので投資でお金を増やす前に種銭がなくなる可能性があるので、まずは以上の3冊でいいと思います。



無料の資料とDVDでも十分読む価値アリ!


とはいえ、いきなり書籍を買うのはちょっと・・・・と思うのもあるでしょう。実際は多少勉強代として書籍を購入したり、有料セミナーに出席するのが良いと思いますが、個人的には最初は無料で勉強できる方法を選択するのが賢明だと思います。

実際、私もまずは無料で勉強できる方法から実践しました。

たとえば、投資用不動産の企業が作成している無料パンフレットとDVDなんかは無料とは思えないクオリティだったので、おすすめです。

100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営

不動産投資会社を中心に無料セミナーや無料のノウハウを掲載したパンフレットやDVDが提供されておりますので、そういったタダで使えるものは利用したいところですね。



【PR】
100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営

スポンサーリンク

  ▽人気記事セレクション


スポンサーリンク