ダウンロード (8)


現在、世界的に自国通貨をどんどん刷って緩和する、いわゆる金融緩和を積極的に推進することもあって通貨量が多くなっている傾向があることから、にわかに実物投資に注目が集まっていることをご存知でしょうか。

実物投資の代表的なものとしては、金投資ですが、金以外にも銀、プラチナといったものも有名ですけども、今回はそんな実物投資で、単なる投資としてだけでなく、コレクションとしても楽しめる「アンティークコイン」に関して紹介したいと思います。



目次





●アンティークコインとは


アンティークコインはほとんどが金貨であることが多く、(金貨として有名なものはメイプルリーフ金貨です)金貨は単なる金価格だけでなく、そのデザイン性、発行量といった要素で値上がりするものです。つまり、すでに発行が終わっている金貨であれば金価格+希少価値で値上がりするのです。

なので、単純に金積立投資をするよりも希少価値の高いアンティークコイン投資をすることでさらなる利益を得る可能性が高いということになります。

●アンティークコインは稼げるのか?


アンティークコインについては、発行量が少ないため希少性が高まる傾向があるので、値上がりする余地が高く稼げる可能性が高いものです。

株式であれば、仮に企業が増資をして希薄化することもあるし、政府も通貨供給量を増やすこともあり、希少性はコントロールされる可能性が極めて高いので価格は常に変動するものですが、アンティークコインは一定量しかないことからその心配は少ないでしょう。

●アンティークコインのリスクは?


このように着実に資産価値を高めていける一方で、コイン投資にもデメリットがあります。ずばり、コインは数が少ないため希少性が高いのですが、一方でその希少性があるということは取引量が少なく株式と違って容易に売買できないという点があります。

取引が頻繁にできないので、株式投資のデイトレードのような売買を期待する人はアンティークコイン投資には向いていないですね。

また、希少性があり値上がりする可能性が高いので高価なものが多いという点も資産運用においては、ボトルネックとなります。よって、ある程度まとまった資本が必要となります。

そして、値上がりすることが期待されるのですが、1年で10倍といった極端な値上がりはせずじわじわ値上がりするものであるので、長期保有、長期投資が基本スタイルとなります。

以上のようにコイン投資は、購入金額、売買、時間といったものがデメリットといえますね。


●アンティークコインはどこで買えるの?



アンティークコインの購入方法としては、オークションサイトで購入する方法があり、実際ヤフオク!でも販売されていることもあります。が、まだまだ取引量が少ないので海外のオークションサイトで購入する方が良いですね。ヘリテージオークション 






また、アンティークコインはちょっと高すぎて難しいという方は、コインつながりでビットコイン投資もおすすめです。これも通貨発行量が決まっていますから値上がりしやすい特徴がありますよ。

少額から始められるので、私も実践しています。取引については三菱UFJ、SBI,GMOといった大手企業が出資しているビットフライヤーでの取引がおすすめです。

【ビットフライヤー】


今後は株式投資、不動産投資以外の投資方法についても検討することが資産運用のリスクヘッジになるかもしれませんね。

編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック