image


文房具好きの私ですが、その中でも特におすすめしたいのが、今回紹介するアクティフインデックスフォルダです。これはシンプルなのですが、かさばる書類の整理、保管をするならば、本当におすすめです。

仕事でも家計でも使えますので、実際に私が使っている方法を紹介します。

アクティフインデックスフォルダとは

image


アクティフインデックスフォルダの構造はシンプルでして、通常のクリアファイル12枚が1つのファイルになっているというものです。なので、個別にファイルで保管せず散らばることがなく、一元管理できるので非常に便利です。


私はこう使ってます(家計レシート整理編)

image


そのまま書類を保管して使ってもいいのですが、インデックスのタブに数字を記入するか、テプラでラベルを作って貼り付けることで識別が楽になります。12のファイル構造になっていますので、毎月のレシートを月別で12ヵ月分けて保存することができます。

image



私はこう使ってます(書類整理編)

image


使い方は先程のレシート整理と同じですが、月ごとではなく、種類別に分けます。
インデックスに記入するのは、少しめんどくさいので、表紙に記入します。


image

12枚のファイルとは別に表紙様にファイルもあるので、このような使い方もできて、仕事でも、複数の事務関係書類を整理するときにも力を発揮するわけです。あまり広がっていないようなので、本日紹介させていただきました。本当におすすめですよ。


なお、インデックスで6山バージョンもあるので、ご自身の使い勝手のよいものをお選びください。


スポンサーリンク