img_0

みなさんは年に1回ぐらいは飛行機に乗りませんか?私の場合はお盆と年末年始は必ず買えるのですが、その時の帰省にかかる費用は馬鹿になりません。結構痛い金額なんですよね・・・

とはいえ、田舎にどうしても帰る必要があるならば、その分の費用をどうにか抑えたいと思っていましたら良い節約方法があったので紹介したいと思います。

飛行機代はとにかく痛い出費!

457cb9156c5d3f500aa9d2c32262e609

たとえば、東京に在住の方が福岡の地元に帰りたいと思えば、新幹線や電車、高速バスといった様々な方法が考えられますが、スピードと肉体的な疲労感でいえば、やはり飛行機で帰るのが最もラクですね。

しかし、東京(羽田)~福岡間の飛行機運賃は、シーズンによって波がありますが、全日本空輸で帰る場合は前割や特割といった割引サービスを利用しないと、片道で4万円超なんてこともありますので、当然往復で8万円!ということもあります。

そこで、なんとか安く飛行機に乗る方法はないだろうか・・・と考えると2種類の方法でお得に飛行機に乗ることができます。



特典航空券を利用する

5753409_s


全日本空輸を例に取ると、飛行機にのると「マイル」と呼ばれるポイントを得ることが出来ます。そのマイルは、路線によって違うのですが、たとえば、羽田~沖縄では片道でも最低で492マイル、最大で984マイルを得ることが出来ます。つまり、往復では最大で1968マイルを得られるわけです。

で、そのマイルはTポイントやらグッズと交換することができますが、はっきり言って損なので絶対におすすめしません。それよりも、このトピックスのテーマである特典航空券と交換することが圧倒的にお得です。

特典航空券というのは、マイルと交換して得られるのですが、先ほどの羽田~沖縄間であればローシーズンで7,000マイル、ハイシーズンでも10,500マイルあれば片道の飛行機チケットをゲットすることができるのです。つまり、沖縄往復チケットであれば、ローシーズンで14,000マイルあればゲットできるのです。

876

hy


シミュレーションをしてみると、7月14日に普通に羽田沖縄間を飛行機チケットを買おうと思えば、割引サービスである旅割21を利用しても、34,390円が必要となりますので、往復で68,000円ほど必要となります。それがレギュラーシーズンでは、往復で18,000マイルで済むわけです。

じゃあ、現金ではなくマイルで交換した方がお得であることがわかりますよね。



ANAスカイコインで乗る

skycoin


先ほどのマイルで特典航空券を買う方法もあるのですが、弱点としては特典航空券は数に限りがあるので、普通の飛行機チケットに比べて売り切れるリスクが高いことです。

そのリスクを回避する方法として、ここで紹介するANAスカイコインで普通飛行機チケットを購入する方法です。

ANAスカイコインは、ANAで使える専用通貨であり、当然航空チケットを購入できます。このスカイコインはマイルで交換することができ、等価ではなく、若干高いレートで交換することができるのです。


wsg
たとえば、マイルを貯めるときにANAマイレージカードというカードが必要になるのですが、それをクレジットカード機能を持ったANAゴールドカードを持つことで、マイルを1.6倍のスカイコインと交換できます。


ということで、現金で飛行機チケットを買うよりも、マイルを貯めて得点航空券とANAスカイコインを利用した方が断然節約できますよ!

編集
スポンサーリンク

おすすめ記事
スポンサーリンク


人気記事トップ20

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック