black

本ブログではポイントサイトについて、何度か紹介していますが、なんとなく怪しい、危険と感じるのではないでしょうか。

なぜならば、ポイントを還元する、高還元ポイントバックとか聞くと、そんなうまい話あるわけないと考えるのは当然ですから。

そんな石橋をたたいて渡らない公務員である私が、ポイントサイトを利用する上で注意していることを述べたいと思いますので、ポイントサイトについて今一つ、納得していない人はご覧ください。


目次
・ポイントサイトのポイントとは撒き餌である
・ポイントサイトはうさんくさいサイトである
・ポイントサイトは信頼できるサイトに限定することが鉄則


ポイントサイトのポイントとは撒き餌である

7297607


 
ポイントサイトの仕組みを簡単に言えば、企業から広告費をもらって、その広告費の一部をポイントしてユーザーに還元することを「エサ」に集客して商品を買わせるものです。

これはどこでもやっていることで、楽天市場が楽天スーパーセールでポイント還元35倍!とポイント還元を売りに集客する構造と全く同じです。


ssPreHeader_kanban



ポイントというのは、ポイントサイトがばら撒くエサであり、それに釣られ、そのポイントサイトでユーザーが購入することにより、ポイントサイト運営企業は広告主から広告費を得て、ユーザーはその一部をポイントという形で得る、という仕組みです。

また、ポイントはすべて何かしらを購入するだけではなく、証券口座の開設や、クレジットカードの新規申し込み、カードローンの利用枠の申し込みといったお金をかけずに無料で得られるものもあります。

maxresdefault


これは、楽天カードがよくテレビCMなどで行っているように年会費無料のクレジットカードを申し込んだら楽天スーパーポイントをプレゼントするよ、というものと同じですね。

なので、何もポイントバック、ポイント還元ということは、ポイントサイトだけの専売特許ではなく、集客をしている企業であれば、どこでもやっていることなのです。


ポイントサイトはうさんくさいサイトである

image


全くのお金をかけずにポイントだけもらうことも可能なのですが、ここで気づくのは、そのようなポイントをもらうために、買い物して浪費するなんて本末転倒だし、馬鹿馬鹿しいという至極まっとうな考えです。

それに、ポイントをバックといってもやっぱりそんな都合の良い話はない、きっとユーザーの個人情報をポイントサイトが裏で売買しているに違いない、という不安です。

small


確かにそういう悪質なポイントサイトは過去にありましたし、現在も実際あります。登録したとたん、スパムメールがガンガン送られてきたり、せっかく貯めたポイントが全く支払われなかったりと、最悪なポイントサイトは実際存在しました。

消費生活相談センターにも同様のポイントサイトに関する苦情、相談が寄せられており、やはりポイントサイトについてしっかりした法整備がされていないことがこの問題の根幹にあることは間違いありません。

参考リンク
ポイントサイトでためたポイントが換金できない(メールでよくある情報提供と回答)_国民生活センター

現在、ポイントを保護する明確な法律はなく、ポイントが付与されない、あるいは換金されないといったトラブルにあっても、救済が難しいのが現状です。

ポイントサイトを利用する場合は、(1)会員登録するメールアドレスは、日常使用しているアドレスとは別のものにする、(2)ポイントサイトの評判等を事前によく確認する、(3)ポイント付与の条件が有料サイトの登録の場合は、無料期間内に退会できるか事前に確認する、などの注意が必要です。

そういうこともあって、ポイントサイトはうさんくさいのです。でもそれは仕方がないことですし、私も公務員の端くれなので気になってなかなか登録できませんでした。

とはいえ、やってみないと真相がわからないですし、私自身、お小遣いがほしいという欲もありましたので、入念なリサーチのもと、信頼できるポイントサイトのみを発掘し、そのポイントサイトのユーザーとなりました。

なので、私が紹介するポイントサイトについては、私自身の運営するブログの信用にもかかわるので、一定の信頼と実績のあるポイントサイトのみとさせていただきます。

このようにポイントサイトを紹介するサイトの中には、アフィリエイト目的、紹介料目的で悪質なポイントサイトを紹介するところもあるようですが、そのようなサイトはいずれ信用を失い、長期的には損すると思います。

※当然ながら、本ブログ経由で申し込んでいただければ、私自身にも紹介料として100円程度、広告主から入ってきますが、心情的に嫌だなと思うならば、直接Google経由で申し込んで構いません。


関連リンク
ポイントサイトって詐欺サイト?本当に節約できるの?よくわからん!という公務員がまず読んでほしい記事 : 公務員副業ドットコム




ポイントサイトは信頼できるサイトに限定することが鉄則

300x180_02


実際私が利用しているポイントサイトは、会員数が180万人を突破し、安定した実績のあるポイントサイトハピタスか、ポイントサイト運営企業としては珍しい東証一部上場企業であるセレスが運営するモッピーぐらいです。


目先の金欲しさに危ない橋を渡りたくありませんので、鉄則としてはあくまでポイントサイトは限定して利用しています。当然、いろんなポイントサイトに登録したらその分個人情報が流出するリスクは高まりますので、利用するポイントサイトは最小限に抑えます。

いろんなポイントサイトによって、当然ながらポイント還元率は異なります。たとえば、楽天カードを例にとってみましょう。

モッピーであれば、

3r

モッピーであれば、1000ポイント還元であるので、1000円分ポイントバックとなります。

一方で、ハピタスであれば、

u7


1200ポイントバックであるので、モッピーに比べて、200円多いことがわかります。

このように案件によって、ポイントサイトごとに還元率が異なりますし、キャンペーンで一時的に高いときもあります。実際にハピタスも最近まで楽天カードのキャンペーンをしていたので、変動するんですね。

関連リンク
[期間限定]楽天カードを作るなら今!ハピタス経由で申し込めば16,000円相当のポイントをゲットできるぞ : 公務員副業ドットコム

しかし、目先のポイントサイトにくらみ、いろんなポイントサイトに登録することは、個人情報流出のリスクを高めることになりますので、やっぱりおすすめしません。

それゆえ、ポイントサイトは最小限に抑えて利用すること、私であれば3つ以内に抑えて利用しておりますが、もしもポイントサイトをしたことがない、まだ始めていないというのであれば、上記2つのポイントサイトだけで十分だと思いますので基本的に大手のポイントサイト、運営企業情報を十分にリサーチする必要があります。

先ほどのハピタスの運営企業であるオズビジョンについても財務状況、売り上げについて調査済みです。

関連リンク
いずれマザーズ上場?年商25億円を誇るハピタスの運営会社オズビジョンについて調べた : 公務員副業ドットコム 



ポイントサイトは確かにポイントバックで節約、無料の申し込み、年会費無料のクレジットカードを作るだけでお小遣い稼ぎができ、中にはゲームやアンケートに答えてお小遣いが稼げるので、公務員の暇つぶしお小遣い稼ぎには最適かもしれません。でも、繰り返しになりますが、あくまで信頼できるポイントサイトに限定することが大切です。



しかし、まだ安心してはいけません。ポイントサイトへの登録自体は1分以内で完了するものの、リサーチは入念にする必要があります。

ポイントサイトについて以下の記事でまとめていますので、もしポイントサイトについてもっと知りたいという方はご覧ください。


参考リンク
公務員が副業でポイントサイトを始めるときに役立つまとめ : 公務員副業ドットコム 


編集
スポンサーリンク




スポンサーリンク