副業公務員のマネーライフ

本サイトでは公務員にとってお得な情報、主に副業として合法的にできる株式投資・不動産投資等や節約術についてに書いています。

転職・独立


juken_goukakuhappyou_happy


このブログでは公務員になった人の副収入や節約に結び付く情報を提供していましたが、今回は趣向を変えて、公務員になりたい!と思った人に向けて書きたいと思います。

公務員になりたい!と思った人の最大の難関はやはり、一般教養と専門試験ですよね。これらはしっかり勉強をしないと点数を取ることができず、専門学校に通わないと最近は合格も難しくなっています。

私自身もこのペーパー試験に合格する見込みがなく、そもそも受験を諦めかけていました。面接に臨む前に足切りされてしまう・・・という負の気持ちでいっぱいでした。

しかし、そんなまったく受験勉強をしていない私でも公務員に無事合格しましたので、その方法と手口を公開したいと思います。続きを読む


公務員だって、安定的とはいえ、転職を考える人もいると思います。だからこそ、転職についていろいろ調べる思いますが、実際はわからず結局ツテやコネで転職するしかないのですね。

とはいえ、そのようなネットワークがない人は、なかなか転職ができないのも実際のところですね。


目次
 
・専門性とサービス精神が乏しいから転職できない?
・市場における公務員のイメージは?
・公務員に合っている転職先は?
・思い切って独立するのは?

続きを読む


2014-04-24-07-04-0001


プロブロガー、アフィリエイターなる人たちがネット界隈にはたくさんいます。彼らは、自由で会社に縛られない生活を自慢していますが、そんなに良いものでしょうか?

公務員と検索すると、辞めたいというワードが出てくるところを見ると、公務員の中には本当に辞めて、転職したいと思ってる人もいるでしょう。

でも、絶対公務員を捨てて、アフィリエイター、プロブロガーになるのだけは止めて下さい!
続きを読む

a8c6a8dc


公務員を辞めたいと考えている人もいますが、どうして辞めるんですかね・・・公務員ほど恵まれた職場環境もないと思うのですが、本当に考え直した方がいいと思います。そこで、なぜ公務員はやめると損するのか書いておこうと思います。

続きを読む

2014-08-29-10-33-12


行政書士は人気のある資格の1つです。しかし実際は行政書士で食っていけてる人々は非常に少ないです。

というのも行政書士は業務が多岐に渡っているため自分の専門分野を確立できないということがあるようです。


本書では行政書士として年間所得2億円を稼ぐ凄腕行政書士によるマーケティングについてコンパクトにまとまっています。

これから行政書士で独立していく人にも、現在行政書士として活動してる人も行政書士をビジネスとして効果的に利用するための知識を学んでいきましょう。


目次

PART1 成功への心構えとメカニズム
お金を捨てる勇気を持とう/なぜ半年間、広告を出し続けられない?/借金ができない人は商売をやめなさい/お金を働かせる方法=財務レバレッジ/広告で集客したほうがラク/100実行したら10成功する人間に/東アジア某国での金鉱開発! /人の模倣をするな-先駆者利益を取れ/法律家は金じゃない!?/お客さんの希望を上手に聞きだす/自信を持って話すためのメラビアンの法則

PART2 「資格」だけで食えるほど甘くない
6割が所得0という現実/バッジで顧客は集まらない/「開業から3年は食えない」の嘘/仕事を確保する前に外注先を確保する/「チャンスは前髪でつかめ」ば成長する/学歴、資格コンプレックスの人たち/強みが生かせる市場での戦い方/どこかに「市場のゆがみ」がある

PART3 「お客・情報・金」が集中するビジネス戦略
戦略を持たず開業する人へ/特定調停ビジネスをSWOT分析する/バイブル商法を絡めたプロモーション/「選択と集中」で大きく成功する/どうしたら人脈をつくれるか、考えているか?/情報発信をするものに、すべてが集中する/価格戦略におけるこんな誤解

PART4 ベンリで効果的な集客手法
新規開拓を飛躍的に進める秘策/FAXDMで効果をあげるためには/反響率の考え方で成功と失敗が分かれる/月商100万円をいかにして達成するか/低コストでできる見込み客の大量獲得/広告宣伝費ゼロでできる集客技法/ブランド価値を高める情報発信/せっかく集めた反応が受注につながらないわけ/メールの相談にはメールで回答するな/業務受注したお客さんを“殺して"いないか/一度獲得した顧客を逃がさないために

PART5 価値の再定義でさらに大きく稼ぐ
個人事業から、組織としてのビジネスへ/自分の仕事をどのように減らせるか/ネット集客が終わった理由/いかにして新しい事業を発見するか?/僕はどんな風に価値の再定義をしたか/高額のリターンだけ求めるさもしい姿/許認可ビジネスへ…質屋営業許可の話/潰れそうなラーメン屋を整理した話
続きを読む

2014-08-25-15-08-52



行政書士に司法書士といった資格は、その試験が超難関のためになかなか取得できないと言われています。

それゆえ、何年間も資格浪人をしている人もいますが、何と公務員は一定の条件を満たすことで資格を無試験、もしくは一部免除で得ることができるのです。

今回は公務員だけに許されている特権の一つである、公務員の資格について書きます。続きを読む

↑このページのトップヘ