副業公務員のマネーライフ

本サイトでは公務員にとってお得な情報、主に副業として合法的にできる株式投資・不動産投資等や節約術についてに書いています。

株式投資

image



公務員って結構旅行が好きな人多いんですよね。または地元に帰るときとかって、年末、ゴールデンウィークというようにハイシーズンにあたってしまうので、結構な出費になるんですよね。

そこで、おすすめは何と半額も安くなる株主優待の紹介です。もう有名かもしれませんが、案外知らない人も多いと思うので紹介しときます。


続きを読む



Tassazione-ETF



公務員で株を買いたい人が多いです。公務員は安定した身分のせいなのか、リスクを取りたがるんですよね。しかし、堅実にリスクを取りたがる。それって、リスクじゃないじゃん、という感じですが、リスクはリスクでも、ミドルリスク・ミドルリターンってやつが良いようですが。。。。

ところが、そんなもの、株の世界にありません。あるのは、ハイリスク・ローリターンです。資本が少ない公務員であれば、お金をかける割には、ほとんどリターンがありません。

しかし、それでも、リターンが欲しい、リスクをとって生活にスパイスを与えたいならば、株式を買いましょう。しかし、それでも、個別株を買う前に、まずは今回紹介するETFを買いましょう。そのほうが市場平均並みにリターンが得られますので、ちょっとしたお小遣い狙いの公務員であれば最適なのではないでしょうか。

続きを読む


mako7719


現在、はてなブックマークで以下のようなエントリがホッテントリされています。

30歳までに投資で1000万稼ぐよ 

内容としては、20代の年収200万円の方が、株式投資とバイト等をして1,000万円貯めるよ、という内容です。1000万円程度はコメントで指摘されているようにそんなに難しくなく、それが公務員夫婦であれば、余計楽勝で作ることはできます。

それでも、公務員辞めたいという人が、一定数いるので、どうして辞めてはいけないのか、辞めなくても1000万円ぐらいつくれるよ、という話です。
続きを読む

red-sukiya  

黒田日銀の金融緩和、マイナス金利導入など金融政策にも、そろそろ限界が近づいているように感じているのは私だけでしょうか。そんなときに頭をよぎるのは、リーマンショック後のデフレ時代の日本に逆戻りすることです。もしも、安倍総理が仮に消費税増税を断行すれば、間違いなくアベノミクスは木っ端みじんに吹っ飛ぶでしょう。

そうなれば、輸出関連から内需中心の銘柄、つまり、「デフレ銘柄」に注目が集まる可能性がぐっと高くなると思います。実は、アベノミクスの不透明感を表しているのか、そんなデフレ銘柄、安い、近い、短い、いわゆる「安近短」銘柄の株価がじわじわ値を上げてるのをご存知ですか?

そこで、今回はそんなデフレ関連銘柄をリストアップしました。

続きを読む

fundlist_popup


公務員という手堅い職種であるにもかかわらず、なぜ株式投資のリスクさえとれないのでしょうか。今後の公務員を取り巻く環境は悪化しつつある中で、人生設計を考えたときに一定のリスク分散、ポートフォリオが重要になってきます。

公務員は株式投資をするうえでに、非常に向いている職業だと思うんですよね。しかし、まだまだ株式投資をやっている公務員がまだまだいないので、少し残念の気持ちでありますが、今後は増えていくでしょうし、増えるのは必然だと考えるんですよね。




続きを読む

pose_meirei


ネットで株、公務員、と検索すると、次に出るのが、禁止とか、違法とかいうワードがありますが、未だに公務員の株式投資が違法だと考えている人が多いんでしょうかね。このブログが、公務員副業ドットコムというだけあって、公務員でも合法的に可能な副業を紹介しているわけですが、当然、公務員の株式投資は合法でやってもOKです。

続きを読む


068b9336c892fc56cfaf624c806d6616


巷ではベッキー騒動、スマップ騒動のせいか、あまり今回の中国発の株安、それに引っ張られるように世界株安が続いていることが真剣にフォーカスされていないような気がします。この株安は深刻ですが、幸運でもあります。

原油が暴落して供給過剰なのにもかかわらず、OPEC(というかサウジアラビア)のおかげで、シェアをアメリカのシェールガスから守りたいとはいえ、このままでは世界の中央銀行が予定していた利上げスケジュールは大きく狂いそうですね。

そんなこんなで、平成28年1月26日現在の株は大きく下がっておりますが、これは押し目買いのチャンスともいえます。では、実際にどんな株を買えばいいのでしょうか。というか、そもそも、なぜ公務員は株を買うべきなのでしょうか。

これは本ブログでも何度か、書いてきましたが、久しぶりに書きますので私が思い出す意味でも書きたいと思います。
続きを読む

img_4dab0463e07ab3dae00c501142199d5b99609


高配当銘柄に投資して、自分も株で配当金を獲得したい。せっかく、NISAという非課税投資枠があるのに、全然使えないなんて、悔しい・・・そんなことを思っている公務員の方もいるのではないでしょうか?

本サイト、公務員副業ドットコムでも、株式投資、不動産投資に関する情報を提供しましたが、一番のボトルネックが投資をするだけの種銭、元手がない、ということですよね。

しかし、お金を借りるとなると、キャッシングやフリーローンであれば、二ケタを超える金利が発生するため、借りることはおすすめしません。

そこで、今回は公務員の方だけが低い金利で、借りて株式投資をする方法をお教えしたいと思います。

続きを読む

bd1c23d03730c5a074495635b3ca98e8


公務員が株式投資を行うにあたっては、短期の値動きに影響を受けない長期投資が基本となります。


もちろん株価が上がる分には良いのですが、そのキャピタルゲインを目的としないことが大切です。つまり、配当や株主優待によるインカムゲインを目的とした投資を行うことが必要となります。


その点を踏まえて、どのような銘柄を購入すれば良いのかを考える必要があります。基本的には配当の利回りが高いものが目安となりますが、それに加えて業績が安定していることが条件となります。場合によっては株価が下がり続けているにも関わらず、プールしている現金で配当を支払うケースもあります。一見すると利回りは非常に高くなりますが、その経営状態を見るとリスクが高いことがわかります。

続きを読む


c-060


株式投資に限らずに、お金が絡むものには人の心理が大きく影響することになります。特に株式投資は、その方法によってはギャンブルの要素が強くなるものです。


もちろん、株式投資はリスク管理という意味で確率についての知識が必要です。そしてギャンブルもその確率を利用したものです。つまり全くの無関係ではないために、何かしらの心理面におけるコントロールが必要となります。

公務員の場合は長期投資が必要となります。けれども人によって性格も気質も異なります。短期的な値動きがどうしても気になる性格ならば短期売買をすれば良いのですが、公務員の方はそうもいかないものです。

そこで、いかに心理的負担を減らすかを考える必要があります。


続きを読む

ef0652ed


株式投資とは価格変動のある株式の売買を行う性質上、利益を得られる反面損失のリスクも内在するものとなります。そしてそのリスク回避のアプローチには二種類あります。

ひとつは短期的な変動に対してのものです。例えば経済指標におけるマイナス要因となるニュースの発表や自然災害による急激な下落への備えとなります。

個別銘柄に関する業績や経営に関わるものであれば、長期にわたって下がり続ける可能性もあります。そのような場合に一度売却しておくことで、さらなる下落リスクを避けることになります。
続きを読む


mail_photo_s1


公務員が株式投資を行う場合、基本は長期投資ということになります。日頃の細かな値動きに翻弄されることなく、心理的にも負担をかけないために必要な手段というわけです。けれども、それは放置しておけば良いというわけではありません。

株式投資には常に勉強が必要です。また、その売買というものは、いわゆる職人の技術と同じように長年の経験の積み重ねが必要となります。

とはいえ、すぐに一攫千金を狙いという山っ気たっぷりの公務員の方もいるでしょう笑そこで、今回はリスクもあるが、それだけリターンもある信用取引について書きたいと思いますが、同時にリスクを軽減する方法についても書きたいと思います。続きを読む

bnf-tokudane080123


公務員の方が資産形成を行える手段は幾つかありますが、株式投資もそのひとつとなります。

株式投資と一言で言っても、その方法は複数あります。最も短時間での取引を繰り返すデイトレードから、年単位での保有を続ける長期投資まで自由に選ぶことができます。また、収益をあげる目標によっても取るべき手段は変わります。

例えば機関投資家などは、年度単位での成績、月単位での成績を求められるためにその区切りで利益を確定させる必要があります。また短時間で損益を確定させておきたい個人投資家ならばデイトレードを選択します。

ところが、実際、毎日仕事がある公務員がデイトレードをすることは不可能ですよね。そこで、おすすめが長期投資です。続きを読む


m_sfxmnpc0680


上海株の暴落をきっかけに世界同時株安に世界の金融市場は揺れています。
しかし、みなさん、これは大きなチャンスです。

特に雇用が安定して、不況に強い公務員だからこそ、このパニック売りの波に乗って、強気で株式を購入する、押し目買いはチャンスなのです!

今回は、株式売買が苦手でなかなか稼ぐことができない、といった公務員の方を対象にして、今回の株価暴落をチャンスに、しっかり押し目買いをして儲けてもらいたいです。



続きを読む

2014-08-10-20-20-20






松井証券は日本のネット証券会社の先駆け的存在で、驚くようなサービスを展開してきました。今でこそ、SBI証券やそのほかのネット証券会社の活躍で影に隠れがちですが、今回紹介する、低位株、それも10万円株を買うならば、圧倒的にSBI証券よりも、松井証券が断然おすすめです。

では、なぜ松井証券が良いのでしょうか?



続きを読む

ダウンロード (1)


サマージャンボにグリーンジャンボ、年末ジャンボ、またロト6やナンバーズ、日本には多くの公営ギャンブル、宝くじが多く存在しています。「宝くじ 当たればやめるが 合言葉」というサラリーマン川柳が流行るほど、日本では宝くじは非常に魅力的に映ります。

しかし、このブログを見てくださっている方はご存知かもしれませんが、宝くじは「愚か者に課された税金」ともいわれるほど、構造的に買う方が損するようになっています。

今回は改めて、なぜ宝くじは損するのか、そして、なぜ宝くじを買う人、本ブログのターゲットである公務員は経済的に成功しないのか書いてみたいと思います。


続きを読む

47429


クオカードはコンビニや書店、ファミリーレストランなど広い範囲で使うことができる非常に役立つ金券です。
今回はそんなクオカードがもらえる株式を紹介したいと思います。

飲み会やコンビニなどを多く利用する機会も多いと思いますので、ぜひご検討ください続きを読む

a0002_001041


誰も株価が上がることは予測できません。これは投資のプロでもそうなのですから、私たち素人はもちろん株価なんて予想できません。

だからこそ、確実なリターン、利回り、配当を重視するという投資方法です。シンプルだからこそ、中続きする。短期的なキャピタルゲインは限りなくギャンブルに近いのでやっぱり、公務員におすすめできないんですよね・・・

そこで今回は、そんな高配当株を紹介します。なお、すべて基本的に配当利回りは「ほぼ」4%超を条件としました。
続きを読む

↑このページのトップヘ